スポンサードリンク

別府 杉の井ホテルの評判は?

別府 杉の井ホテルは、別府の観海寺温泉の別府湾が一望できる高台に立つ巨大リゾート温泉ホテルです。

客室数は500室以上で2400名以上が泊まれるといいますから、都心の大型ホテルにも匹敵する大きさの温泉宿です。
宿泊は、レストランに近い14階建ての本館か、露天風呂やプールに近い13階建てのHana館になります。

別府 杉の井ホテルの魅力はいろいろありますが、露天風呂「棚湯」、豊富なメニューのバイキング、プール「アクアビート」が、杉の井の3大人気かもしれません。

その他にも、ボウリング場やゲームセンター、ダーツコーナーなど、温泉の後に楽しみたいアミューズメント施設が充実しているのも杉の井の特長です。


別府 杉の井ホテルの露天風呂「棚湯」

別府 杉の井ホテルの一番の魅力は、露天風呂「棚湯」にあるといっても過言ではないでしょう。

5つの湯船が段々畑のようにがつながっていて、一番上は屋内の内湯になっています。
2段目からは露天になっていて、足湯や寝湯が楽しめる作りになっています。
広々とした湯船から、別府湾を見下ろすことができ、朝昼夜と何度も入りたくなる露天風呂です。
他にも、温泉の打たせ湯やほぐし湯、展望サウナなど、温泉のテーマパークといった雰囲気です。

杉の井の棚湯は、宿泊しなくても、大人(中学生以上)平日1000円、土日祝1500円で、立ち寄り湯としても利用できるそうです。


スポンサードリンク
                         

別府 杉の井ホテルのバイキング

温泉の後のお楽しみと言えば食事ですね。
別府 杉の井ホテルのバイキングは、ありとあらゆるメニューが揃っています。

わたしが行ったときには、前菜やオードブル、お刺身、特選牛ステーキ、大分豚のグリル、茶碗蒸し、サラダバー、有頭エビやタラバガニ、スープなどなど。
お寿司にうどん、パスタ、オムライスなんかもありました。
デザートやケーキも何種類もあって、本当に目移りしてしまいますよ。

杉の井のバイキングなら、和食が食べたいお年寄りでも、こってり大好き食べ盛りの青年でも、好き嫌いの多いお子さんでも、食べたいものを好きなだけ選べるからおすすめです。
この宿の温泉とバイキングは。老若男女だれもが満足できると思いますよ。

スポンサードリンク