スポンサードリンク

ルース クリスのステーキの魅力

ルース クリス ステーキハウスは、アメリカの高級ステーキチェーンです。最近、霞ヶ関の霞ダイニング1階に日本1号店がオープンしてなかなかのにぎわいを見せているようです。

私はまだ日本のお店には行ってないのですが、ルース クリス未体験の方には、是非本場アメリカのステーキハウスの方も訪れてほしいなぁなんて思います。

何故って、海外でおいしいステーキだなーと思ったのはルース クリスが初めてだったから!
海外、特にアメリカの一般的なレストランって、ステーキ肉はデカい、でもパサパサ…なんてお店によくあたるんで、期待せずに入ったんですが、逆の意味で期待を裏切ってくれたおいしいステーキでした。

今回、東京にお店がオープンしたということで、ホームページを見に行ったところ、ルース クリスのステーキの秘密がわかったので、引用してご紹介しますね。

 *ここから引用(ルース クリス ステーキハウスHPより)*
ルースクリスのステーキは長年培った独自の製法で熟成された最高峰のビーフのみを使用しています。
トウモロコシ飼育による肉本来の旨みをその内側にギュッと閉じ込めるよう約980度のブロイラーで焼き上げます。
お好みに焼き上げたステーキを約260度に熱したプレートにてご提供しますので最後まで、冷めることなく美味しくお召し上がりいただけます。
 *引用ここまで*

知らずに食べてたけど、独自の工夫がおいしさの秘密だったんですね。


スポンサードリンク
                         

ルース クリスにステーキを食べに行くなら

ルース クリスに行くなら、是非アメリカを訪れてみて!と書きましたが、わざわざステーキを食べにハワイに行くのも大変ですよね。
というわけで、日本にオープンしたルース クリス ステーキハウスをご紹介します。

場所は千代田区霞が関の霞ダイニングというグルメ垂涎のグルメビルの1階になります。
アクセスは、東京メトロ(地下鉄)銀座線の虎ノ門駅か千代田線・丸の内線・日比谷線の霞ヶ関駅から向かうのがわかりやすいかと思います。また、丸ノ内線の国会議事堂駅も近いので、行き帰りに見学してくるのもよいかもしれません。

お店の営業時間は
ランチタイムは11:00〜15:00(ラストオーダーは14:30)
ディナータイムは17:30〜23:00(ラストオーダーは22:00)

ランチタイムなら3000円くらいの予算でおなかいっぱいになると思うのでおすすめですよ。


ルース クリスのステーキの味を再現するには?

ルース クリスのステーキはおいしいけれど、ディナーだと予算も1万円を軽々と超えてしまうので、庶民にはなかなか手が出せません。自宅で簡単においしいステーキを焼くことはできないものでしょうか?

そんな人には、任天堂DSのソフト「DSお料理ナビまるごと帝国ホテル」がおすすめ。
ルース クリスの味わいとはちょっと違いますが、スーパーで買ってきた安いお肉でもグ〜ンと美味しく仕上げるコツを伝授してくれますよ。

スポンサードリンク