スポンサードリンク

ピル以外の避妊方法とその値段について

ピルは、正しく服用すれば避妊成功率がとても高い避妊方法です。
しかしながら、副作用が0ではありませんし、性感染症予防の観点からみると感染してしまうリスクもあります。
また、値段もそれなりにかかってしまうのがデメリットです。
それらをふまえ、他の避妊方法も検討することをおすすめします。

ピル以外の避妊方法で、もっともおすすめできるのはコンドームです。
コンドームなら、避妊すると同時に性感染症の予防もできます。
コンドームのお値段ですが、通販で購入でき、安いものは1ダース1000円くらいのお値段からあるようです。
お値段が高くなればなるほど、薄くフィット感のよいタイプになるようです。

避妊具やピルを用いない避妊方法としては、オギノ式と呼ばれる女性の基礎体温のしくみを利用した避妊法もあります。
この方法は、ノートなどに毎日の基礎体温をつけていくだけなので、かかるお値段はノート代くらいです。
ただ、確実な避妊を望むのであれば、避妊具やピルとの併用がおすすめです。


スポンサードリンク
                         

低用量ピルとモーニングアフターピル

避妊目的のピルは、低用量ピルと呼ばれるもので、お医者様で処方してもらいます。
ピルはその日に性行為をする予定があろうとなかろうと毎日飲み続けないと効果がないので、飲み忘れることのないよう注意が必要です。
また、低確率とはいえ、吐き気や頭痛といったいわゆるつわりのような症状がおこる人もいます。
避妊目的のピルのお値段ですが、健康保険対象外になります。

通常の避妊用として用いられるピルの他に、モーニングアフターピルと呼ばれるものがあります。
別名、緊急避妊法、事後避妊法とも呼ばれ、レイプなどの被害者を望まない妊娠から救うための特殊な方法です。
万一のときには、72時間以内にお医者様に相談し、処方してもらってください。

スポンサードリンク