スポンサードリンク

妊娠初期に便秘になりやすい理由

女性はもともと男性よりも便秘になりやすいってご存知でしたか?

それは、便通と女性ホルモンに密接な関係があるからなのです。
女性ホルモンの中の黄体ホルモンは、子宮に妊娠の準備を整え、妊娠した場合に妊娠を継続させる役割があります。

実はその黄体ホルモンには腸の動きを抑制する働きがあるんです。
生理前に便秘になりやすい方がいるのもそのためです。
その上、妊娠すると黄体ホルモンの分泌が盛んになりますから、もともと便秘がちの方は、よけいひどくなることもあるのです。

さらに、妊娠中期〜後期になって、子宮が大きくなってくると、子宮が腸を圧迫してよけい便通が悪くなります。
便秘を放置しておくと、痔になる可能性もありますし、排便時に力みすぎて流産や早産を誘発しかねないとも限りません。
便秘の症状がひどくなる前に、スッキリ解消したいものですね。


妊娠初期の便秘によいお薬

妊娠初期だからといって便秘を放っておくのはよくありません。
まずは、恥ずかしがらずに産婦人科の先生に相談するのがよいでしょう。

お医者様では、マグラックスなどのお薬を処方されるかもしれません。産婦人科で処方してくれるお薬なら安心ですので、処方通りに服用してスッキリされるとよいかと思います。
ちなみにマグラックスは、便秘に悩む妊婦さんによく処方されるお薬で、主成分の酸化マグネシウムが便通をよくしてくれます。副作用の心配もほとんどないお薬ですから、妊娠初期でも安心ですよ。


スポンサードリンク
                         

妊娠初期の便秘を解消するために

便秘に効く運動とか体操ってありますよね。
身体に負担が少ない運動ならかまいませんが、激しい運動は妊婦さんにはもちろん厳禁です。

妊娠初期はだるさなどから家にこもりがちの方も多いと思いますが、軽い散歩をするだけでも効果があります。
また、マタニティスイミングやマタニティビクスなど妊婦さん専用の体操スクールに通うのも気分転換になってよいかもしれませんね。

また、食生活にも気を配りたいものです。
朝起きたら、必ず1杯の水を飲むことを習慣付けましょう。
朝の1杯の水が腸を目覚めさせ、動きを活発にしてくれます。
食物繊維の多い野菜や、ヨーグルトなどの乳製品を積極的にとるのもおすすめです。

あとはストレスを溜めずに、たっぷりの睡眠をとっていれば、いつのまにか便秘が解消されているかもしれませんよ。

スポンサードリンク