スポンサードリンク

マグラックス錠と他の便秘薬との違い

マグラックス錠は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍及び胃炎、便秘に効果・効能がある処方薬です。

主成分の酸化マグネシウムが、胃酸を中和すると同時に、腸内で水分が便を柔らかくふやかせます。
マグラックスというお薬は、腸にほどよい刺激を与えて排便しやすくさせる緩下剤なのです。

それに対して一般のドラッグストアで売っている便秘薬の多くは、刺激性下剤と呼ばれるものです。
刺激性下剤という種類の便秘薬には即効性があり、すぐにスッキリするというメリットがあります。

しかし反面、その便秘薬に頼りがちになり、量が増えていったり量を増やしても効かなくなるケースがあります。

その点、マグラックス錠は長期間服用しても副作用の少ない緩下剤の便秘薬ですし、お医者様に処方していただく処方薬なので、服用に関して過敏に心配することはないと思います。


マグラックスを妊娠中に処方されたら

マグラックスは、便秘に悩む妊娠中の妊婦さんにもよく処方される便秘薬です。

妊娠中に限らずもともと女性は男性に比べ、便秘に悩む方が多いようです。
さらに、妊娠するとホルモンの関係で腸の働きが鈍くなったり、子宮が腸を圧迫することで、妊娠前は便通がよかった女性でも便秘に陥るケースが見受けられるようです。

ですからもともと便秘気味だった妊婦さんはもちろん、妊娠前は便秘知らずだった妊婦さんも、かかりつけの産婦人科で恥ずかしがらずに便秘の相談をなさってください。
妊娠中の薬の服用に抵抗がある方もいるかと思いますが、お医者様にマグラックスを処方されたら、きちんとマグラックス錠をのんで便秘をスッキリさせた方が精神的にもよいと思いますよ。


スポンサードリンク
                         

マグラックスだけに頼らない便秘解消法

マグラックス錠なしで便秘が解消できたら、もっとよいですよね。
そこで、マグラックスなどお薬だけに頼らない便秘解消法を考えたいと思います。

よく言われることですが、まずは生活習慣を見直すことから始めましょう。
食生活に偏りはありませんか?
運動不足気味ではありませんか?
何よりストレスを溜めてませんか?

妊娠中だからと自分を甘やかしすぎることもなく逆に気負うこともなく、のんびりマイペースで過ごすことこそがマグラックスなどに頼らない一番の便秘解消法かもしれませんね。

スポンサードリンク