スポンサードリンク

カセットテープのメリットとデメリット

カセットテープは、その普及率の高さから、少し前までは最もポピュラーな音源の保存方法でした。

レコードプレイヤーやCDプレイヤーを持っていない人でもカセットテーププレイヤーなら持っていたり、カセットならカーステレオで聴けるなどという人が多かったようです。

そのため、手持ちのレコードやCDから自分のお気に入りの曲をお気に入りの順番でダビングして、オリジナルを作ったりする凝り性の人もいたようです。

また、語学の勉強の教材などもカセットで提供されることが多かったようです。
実際、電車の中で携帯型カセットテーププレイヤーを使って語学の勉強をしている人もしばしば見かけることがありました。

そのようなメリットがあった反面、ダビンブを繰り返したり何度も同じテープを聴くことによってテープが劣化して伸びてしまうのが、カセットテープのデメリットです。

つまり、苦労して作ったオリジナルテープとか、必死に勉強した語学教材など、お気に入りであればあるほど、劣化の心配があるわけです。

さらに、最近はMD、CDR、mp3などの普及により、カセットやそのプレイヤー自体が減少しているように思います。
このままでは、テープが聴けなくなる日もそう遠くないように感じます。


スポンサードリンク
                         

カセットテープをデジタルに変換

カセットテープに収められたデータを他の機器で聴くためには変換する必要があります。

パソコンがある人なら、カセットテーププレイヤーをPCにつないで再生、録音することで、パソコンにwavファイルやmp3に変換して保存することができます。
アナログだった内容が、PCで聴けるデジタルのデータに変換されたということです。

いったんmp3などに変換されたデータは、パソコンソフトを用いて、CDRやDVDRなどに焼き付けることもでき、外部のCDプレイヤーなどでも聴けますよ。

スポンサードリンク