スポンサードリンク

五ツ木模擬試験の日程

高校受験の入試を目指す中学生向けの五ツ木の模擬試験には、中1、中2生を対象にした「標準テスト会」と、中3生が受ける「高校入試模擬テスト会」があります。

平成20年度の標準テスト会は、9月、12月、翌年2月の3回。
高校受験に向けてのより実践的な内容となる高校入試模擬テストは、第1回の5月18日から翌年1月25日まで、ほぼ1ヶ月に1度のペースで8回開催の予定になっています。

中1、中2の生徒さんの中には、高校入試はまだ先の話と実感がない方も多いでしょう。
また、五ツ木の模擬試験は中3になってから受験すればいいんじゃないかと思われる方もいるかもしれませんね。
でも、中1や中2といった早めの段階から高校入試の雰囲気を体験しておくことはそれだけでも十分に意義のあることだと思います。


五ツ木の模擬試験の会場

五ツ木模擬試験の会場は、ほとんどが近畿地方の私立高校で、申し込み時に受験会場となる高校を選択できます。

受験生にとっては1分1秒でも無駄な時間は使いたくないと思うので、五ツ木模擬試験を自宅に近い高校で受験するのもひとつの選択肢でしょう。
でも、自分が実際に志望している入試を受ける予定の高校が会場になっていたら、そこを模試の会場として選ぶのがおすすめです。
なぜなら、高校入試本番の際に初めてその高校に行くよりも、五ツ木模擬試験で志望高校を訪れていたほうが断然緊張しないからです。


スポンサードリンク
                         

五ツ木模擬試験の過去問

五ツ木の模擬試験を実施しているのは、五ツ木書房と言う学習教材なども扱う出版社です。

五ツ木書房では、大阪の公立高校と五ツ木の模擬試験の過去問をまとめた問題集も出版しています。
この問題集には単に過去問とその解答が載っているだけでなく、詳しい解説ものっているので復習もバッチリできます。
また、志望高校を選定する上で必要不可欠な、偏差値情報なども載っているのでお得です。


五ツ木模擬試験の口コミ情報

高校受験模試でもっとも有名なのは駿台の学力テストや公開模試かもしれません。駿台高校受験公開模試と比べて、五ツ木模擬試験の評判はどうなのでしょう?

最難関レベルの高校を受験する人にとっては、駿台模試は欠かせないと思います。しかし、駿台の模試は難しすぎて落ち込んでしまった…という声もよく聞きます。
そんなことから、五ツ木模擬試験だけにしぼって勉強している受験生も多いようです。
いずれにしても、高校入試本番まで悔いが残らないよう勉強していくことが大切だと思います。

スポンサードリンク