スポンサードリンク

演技の練習、どうやったらいいの?

演劇部に入りたいけど、演技の練習についていけるか心配…。
友人に誘われて自主制作の映画に出ることになったけど、どうやって演じたらいいのか…。

そんなときは悩む前に、まずは練習してみることです。

演技のレッスンの定番メニューと言えば、発声練習ですね。
「演技する」ということの根っこを考えてみると「人に何かを伝える」ということになります。
そのときにモゴモゴと口ごもっていたら何も伝わりませんよね。
だから、滑舌をよくするためにも発声練習はレッスンの定番といわれるのです。

また、ドラマやお芝居を見ていて、泣く演技が下手だと興ざめします。泣く演技になにか方法やコツはあるのでしょうか?
これは、泣こう泣こうと思っていては大げさになりかえって不自然に感じさせてしまいます。

泣く演技に限ったとこではありませんが、誰かを演じようとするのではなく、その役の人物として新たな生を受けた気持ちでその人になりきるのです。
その役になりきってしまえば、覚えたセリフを思い出しながら言うのではなく、自分の言葉として喋ることができますよね。

泣く練習も無理矢理するのではなく、その役になりきれば自然と涙がこぼれてくるようになると思いますし、それが演じることの醍醐味だとも思いますよ。


スポンサードリンク
                         

演技を学べる学校は?

演技をもっと上達させたい!
俳優や声優、ナレーターになりたい!
そんな方は、思い切って専門のスクールや学校に入学するのもいいかもしれません。

たとえば声優になりたい方におすすめなのは、卒業生から多くの人気声優を輩出した「日本ナレーション演技研究所」。
名探偵コナンの灰原愛役や新世紀エヴァンゲリヲンの綾波レイ役を 演じた林原めぐみさんも、ここの卒業生です。
他にも、三石琴乃、椎名へきる、檜山治之など有名所がズラリと並びます。

このスクールは、週1回3時間のレッスンなので、学生さんや就職している方でも無理なく学べるのがよいところです。
ただし、スクールでの演技レッスンだけで声優になれる実力がつくとは限りません。
日頃から復習をかねて何度も練習しないといけませんね。

専門学校や大学で演技を学びたいなら「東京工学院専門学校」があります。
この専門学校には俳優や声優を目指す方のための演劇・声優科があります。
他にも、ダンサーやミュージシャンを目指す方のための学科や、放送スタッフを目指す方のための放送芸術科、ゲームクリエーターやアニメ・漫画関連の学科など、芸術系の学科がいろいろある専門学校です。

学科は違っても同じ芸能と言う道を目指す仲間との出会いで視野を広げられる専門学校だと思います。

スポンサードリンク