スポンサードリンク

通信制 短大のメリットは?

通信制の短期大学に入学したい方の多くは、純粋に勉強したいという気持ちと同時に、短期大学の卒業資格や保育士などの資格が欲しいという気持ちもあると思います。

「短大に通わなくても、普通の短期大学卒業と同様に資格がもらえるの?」と心配な方もいるかもしれません。

でも、大丈夫。
大学や短期大学の通信教育は、正規の大学教育課程として文部科学省から認可されています。
ですから、カリキュラムをきちんとこなして卒業すれば、通学制の大学や短大同様に、学位や資格が取得できるんですよ。


通信制 短大に入学するまで

通信制の短大は誰でも入学できるのでしょうか?

高校卒業または卒業見込みのある方、大学入学資格検定(大検)に合格した方を、受験資格にしている短期大学が多いようです。
(受験資格をもたない満18歳以上の人のための「特別履修生制度」を設けている短大もあります。)

気になる短大への入学試験は、書類選考のみという短期大学がほとんどで、まれに小論文の提出などが求められる短期大学もあるようです。

また、ほとんどの短期大学が4月と10月の年2回開講しており、出願期間も一般の通学制の短期大学より長めに設けられているようです。


スポンサードリンク
                         

通信制 短大を卒業するために

通信制短大の授業料は、学校によりさまざまですが、年間15万〜20万くらいは用意しておいた方がいいでしょう。
また通信制短期大学は、通学制短大が2年間で学ぶ内容を3年間の通信教育を通じて学ぶので、短大におさめる学費も3年分必要になることをお忘れなく。

また、基本は自宅での通信教育になりますが、スクーリングと呼ばれる実技や実習の授業もあります。
短大により異なりますが、年に6〜8回程度のスクーリングを受講しなければいけない短期大学が多いようです。

全国の主要都市にスクーリングの会場を設けたり、週末や夜間に開催したりと、遠方からの学生が多い通信教育ならではの配慮もあるようなので、積極的にスクーリングに参加したいものです。

また、児童学科や保育科のある短大では、卒業と同時に保育士の資格を取得できますよ。

スポンサードリンク