スポンサードリンク

コールハンの靴作りの秘密

コールハンの靴、なかでもローファーシューズってとにかく足馴染みがいいんです。

外国ブランドの靴ってお洒落な靴が多いけれど、なんとなく足にしっくりこない…少し歩いただけなのに靴ズレが…なんてことよくありますよね?
それは、日本人と外国人とでは足の形が微妙に違うからなんです。
実は欧米人に比べて日本人の足は甲高で幅広なので、同じシューズを履くと靴ズレがおこりやすいんです。

コールハンは、日本人の足型を研究して、ジャパンラストという独自の木型を開発。
そして、そんな木型に基づいて丁寧に作られたのがコールハンのローファーシューズを始めとした靴たちなのです。
だから、靴を履いたときスッと足に馴染んで、どこも当たるところがないのです。


スポンサードリンク
                         

コールハンの靴をはじめて買うなら

コールハンの靴をはじめて買う人に、ぜひおすすめしたいのが
「ペニーローファー」と呼ばれているローファーシューズです。

アメリカでは1セント硬貨(ペニー)を幸運のお守りとする言い伝えがあり、ローファーシューズの甲のストラップ部分に1セント硬貨を挟むのが流行っていたそうです。
コールハンのローファーシューズにペニーを挟んで歩くアイビーリーグだなんて、ちょっとお洒落で素敵なお話ですね。

コールハンのペニーローファーシューズは、レディースものは色鮮やかなレッドやブルーなどもあり色の豊富さも魅力です。
また、2008年のコールハン秋冬コレクションでは、ローファーシューズだけでなく、ペニーコインをモチーフにしたコレクションが多数発表されたんだとか。


コールハンの取り扱い店

コールハンは、ローファーシューズを始めとする靴だけではなく、バッグやかばん、ベルトなどの皮小物も取り扱っています。
靴と同素材のバッグなどもあり、トータルコーディネイトを楽しむことができますよ。

また、靴を選ぶ際には、直接手に取って履いてみたいと思われる方が多いでしょう。
コールハンの靴は、取り扱い代理店やアウトレットが全国展開されていますので、もよりのショップで是非その履き心地のよさを実感してみてください。
東京であれば、銀座店の他に、日本橋高島屋、大丸東京店、伊勢丹新宿店、渋谷東急本店などがあります。

また、セレクトショップでもコールハンの靴を取り扱っているお店がいっぱいありますし、コールハンの輸入代理店を利用してもいいですね。

スポンサードリンク