スポンサードリンク

初めてマウンテンバイクを選ぶなら

山道やオフロードを颯爽と走り抜けるマウンテンバイク…。

興味はあるけど、どんなのを選べばいいかわからない…。
改造やカスタムができるって聞いたけど、具体的にどんなパーツを改造したりカスタムするの?
そんな方のために、カスタムや改造まで見据えた上で注意すべき点をいくつかご紹介します。

ネットをみていると、激安マウンテンバイクと銘打った2万円以下のモデルがごろごろ見つかります。
でも、激安モデルに飛びつくのはちょっと危険かもしれません。

まず、安いマウンテンバイクはフレームが重いようです。
フレームが重いのは最大の減点材料です。
また、カスタムができない、つまりパーツ交換や改造のできない、マウンテンバイクとは呼べないような代物をMTBといって売っているケースもごく稀にあるので、注意が必要です。


マウンテンバイクのカスタムについて

マウンテンバイクの楽しみのひとつは、パーツの改造やカスタムによって、自分だけのオリジナルMTBが作れること。
あれやこれやと試行錯誤を繰り返し、カスタムパーツを取り付けたり交換したり…。
そんなあなただけのオリジナルのマウンテンバイクで、ツーリングに出かけることがMTBの最大の喜びでしょう。

マウンテンバイクのカスタムや改造は、ハンドル、サドル、ブレーキ、タイヤ、フレーム…
凝りだすときりがありません。

初心者のうちは、改造やカスタムなどせずにそのまま乗っていてもいいのでは?と思われる方もいると思いますが、少なくとも街乗りとオフロードでタイヤの交換などは必要になります。
また、ブレーキなどのパーツの交換は、乗り心地や走り心地がぐーんと変わってきます。
最初は、ハンドルのグリップなど簡単なパーツのカスタムからでもいいので、MTBのカスタムに挑戦してみることをおすすめします。


スポンサードリンク
                         

人気ブランドのマウンテンバイク情報

それでは、マウンテンバイクで人気のブランドをいくつかご紹介します。

まずは、ロス五輪の自転車トラック競技で入賞経験を持つルイ・ガノー氏が設立したルイガノ(LOUIS GARNEAU)。
毎年、MTBはもちろん、ウェアやサイクリングアクセサリーまで網羅した膨大なルイガノコレクションを発表しています。

また、プジョー(peugeot)やシボレー(Chevrolet)のMTBも人気です。
どちらも高級乗用車のブランドとしても有名ですよね。
プジョーやシボレーのクルマなんてとてもじゃないけど手が出ない…って方でも、マウンテンバイクなら手が届くのではないでしょうか。
もちろん、どちらのMTBも、サスペンション周りなどクルマ作りで培ったノウハウが詰まっていますから、性能も申し分ありませんよ。

スポンサードリンク